恩原三国山   2月28日  

    

滝入口駐車場−林道−1200P−山頂(ピストン)

  

 滑れる山と言うことで恩原三国山へ行った。距離があるが行った甲斐があった山だった。
積雪が心配だったが、駐車場までは除雪されているが、路面はスケート場のようにツルツルで歩くことも難しかった。何とか這うようにして1mほどの雪にしがみついてスキーを履いた。林道を終点まで歩き尾根を登る。最初はややきついがすぐに傾斜は緩くなる。雪が少なく、ブッシュの出ている尾根をやっとの思いで越える。樹林帯が終わると、とても歩きやすい斜面。誰かのトレースが残っている。たぶん髭じじーさんだと思う。
 1200ピークから後ろを振り向くと大山・鳥ヶ山が見える。大山の頂上は雲に覆われていたがよく見える。日本かから鳥取の風車もはっきりと見ることが出来た。この景色を見ただけでも満足だった。
 1200Pからいったん下るが、シールを外そうとも思ったがそのまま滑った。外した方が滑りがいがあった。少し残念。頂上まで登るとブナと大きな杉が待っていた。
 三角点のある北峰へ行こうと思ったが尾根が狭くここまでとした。ベンチにちょうど良い木に腰掛け昼の準備をしているとギラガ山方面からご夫婦が登ってこられた。なんと髭じじーさんの掲示板でよく見かけるmkさんでした。いろいろと情報をいただき楽しく昼を食べることが出来ました。
 帰りはピストン。シールを外し、気持ちよく滑る^^。1200Pへの登りはシールをつけて登った。尾根を気持ちよく滑るが下るにつれブッシュが多くなり木をよけながら滑った。あっという間に林道に戻った。ここから林道を滑って降りるはずだったが、温度が上がり、スキーが全然滑らなくなった。仕方なく歩いて駐車場まで。。。。 これが一番堪えた。兼用靴のバックルを全部外したのが失敗だった。見事にマメを作ってしまった。。。。
 帰りは奥津温泉でゆっくり休んで帰りました。また来たい山になりました。
ツルツルの駐車場 先週の跡かも
おっさん 空は青い^^ 日本海と風車
県境尾根 広い雪原 上部は結構雪がある
スキー場からの尾根 1200Pからシール滑り 三国山
三国北峰に続く峰 ブナ林を 登る
小屋の内部頂上付近 ベンチ ガスの晴れた氷ノ山
mkさんに撮ってもらいました 気持ちのよい滑り 髭じじ−さんの跡を滑る
滑る 奥津の洗濯場は地元専用 良いお湯でした^^
    
足湯 温泉スタンド 満タン(^_^)


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図を複製したものである。(承認番号平22業複、第310号)」




ホームへ

2009年へ

inserted by FC2 system