阿佐山−天狗石山   10月25日  

    

林道−作業道−阿佐山−三ッ石山−天狗石山−深山−阿佐山橋−林道

  

 浜田道大朝ICを降りて芸北方面へ、大暮・深山を過ぎ、まずは、天狗石山へ車で上がる。アンテナの近くに自転車をデポする。誰もいない。深山まで戻り左へ曲がり川沿いを尾関神社方面へ。阿佐山橋を過ぎ左へ。林道奥の最後の電柱の所へ車を止める。
 晴れると思ったが、小雨がポツポツ・・・。少し肌寒い。下着も長袖にして寒さを防ぐ。この先の作業道を登り安佐山を目指す。最初はコンクリートの作業道を登る。左足の靴の中でチクチクする。靴を脱いでも靴下も脱ぐ。杉の葉(?)が刺さってた。どうやら洗濯の時に紛れたみたいだ。はき直すと快適に歩けた。面倒でも歩き始めのうちに確認しておいて良かった。
 作業道作業道終点から杉の植林地帯へ向かって登山道がついている。ここに入る。先日車でした見に来たときに確認したとおりよく踏まれて迷うことはない。安佐山頂上に向かって尾根沿いにほぼ真っ直ぐに登る。植林地帯を過ぎ、色づいた広葉樹林帯を進む。ほどなく安佐山頂上の小屋とアンテナが見えてきた。
 南東方面を見に行くが、ヤブだらけで進めない。この下が先日、畳山行ったときに見た伐採地。こっちからは無理っぽい。雨の後で、びしょ濡れの笹やぶ。引き返して北峯へ向かう。が、すごい笹藪。カッパの下をはいて笹藪へ突っ込む。胸まである笹藪をかき分け、スキー場へのある北峯でコーヒーをわかす。
 スキー場のレストランの裏から続く山道に入る。ブナの木が続く。目の前をイノシシが通りすぎ、ヤブの中に消えた。熊でなくて安心。驚かしてしまったらしい。すまんこって。大きな上り下りもなく森林地帯をのんびりと歩く。芸北町町有林の看板が掛かっている。旭テングストンスキー場を過ぎ、ミツ石山山頂から天狗石山へ行く。頂上で昼を食べる。徐々に雲があがり、山陰方面の山が見えてくる。のんびりしてると寒くなってきたので折りたたみ自転車をデポしてるアンテナまで下り自転車にまたがり下る。下り坂をドリフトしながらあっという間に深山。ここから登り安佐山橋までは乗って行けたがそれ以上はきつくて押して歩いた。MTBなら乗っていけるんじゃろうなぁ・・・・駐車地点が見える頃はまた汗びっしょりになった。  
作業道から登る 落ち葉のつもった山道 頂上は近い
安佐山頂上 北峰への道 カッパを着る
葉っぱのカビ??? ブナ ゲレンデにで出た
スキー場 再び山道へ クリスマスの実
静かな山道 旭テングストンスキー場  三ツ石山
天狗石山が見える 三角に切られた石、UFOの基地? 天狗石山から北部
     
一気に下った      

地図の青が自転車。でも軌跡がが飛んでるなぁ

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図を複製したものである。(承認番号平22業複、第310号)」




ホームへ

2008年へ



inserted by FC2 system